2015.7.7 | 風邪の後が大切です。

神戸市東灘区、小児はりのしみず鍼灸整骨院です。

今日は、症例報告です。

1才9カ月の男の子。

1週間前に風邪を引いて、治ってから

夜泣きがひどく泣き叫ぶようになり、

昼間も結構ギャーっとわめくようになった。

ご飯も食べない。昼寝もしなくなった。

近所の人からも、カンムシやねと言われるくらい。

 

初めての来院時、

顔は赤黒く、目はうつろ。

かなりしんどそうな感じ。

でもまだ「しんどい、つらい」は言えない。

そのつらさの表現が、ギャーっと泣き叫ぶことになってました。

風邪の症状「熱、咳、鼻水」は治っているかもしれない。

でもこの子の体の中には風邪が残っている状態。

こう説明すると、お母さんも納得されてました。

小児はりを始めると、首、肩、背中はカチカチ状態。

約2~3分で体全体がさっとゆるんだ状態で終了。

目もしっかりしたし、顔色も良くなった。

 

翌日も来てもらいましたが、

夜は夜泣きせずにぐっすり眠り、

ご飯も食べるようになりました。

今は、様子を見ながら一週間に1度くらい

来てもらってます。

 

カンムシは、知能の発達と体の発達のアンバランスから

おきることが多いですが、風邪がきっかけで起こることも

多いです。

 

風邪の症状が治まった、でも完全に治っていないことも

多いです。

 

お薬で治すのもいいですが、

風邪を出し切ってしまう、小児はりで

免疫力を上げていきましょう。

 

そのほうが、将来的にこの子のために

なると思いませんか?

お問合せ|東灘区 しみず鍼灸整骨院

完全予約制

受付時間午前8:30~12:00、午後16:00~19:00

MAP

ネットでのご予約・お問合せはこちら



TOPへ戻る