子どもが頭を打ったとき東灘区しみず鍼灸整骨院へ!

2021年04月8日

子どもさんが、階段から落ちた、家のソファーから落ちた。
公園の遊具で頭を打った、お友達同士で、頭をごっちんこした。
などなど、頭を打つことは多いと思います。

その時は、出来るだけ早く東灘区しみず鍼灸整骨院に連れて来てください!

こんにちは。
最近、子どもさんの施術依頼が増えている東灘区しみず鍼灸整骨院です。

夜泣き、かんしゃく、ぐずり、集中力が続かない、言葉が出ない、滑舌が悪い、など様々なお悩みで来られています。
発達に関するお悩みのお子さんも来られます。

実は、そういうお子さんが来た時にお母さんにお話しをお聞きしますと、
そういえば、グズグズ言い出す前にソファから落ちました。
頭を打って少し泣いたけど、血も出てないし、たんこぶも出来てないのでそのままです。
という場合が多いです。

先日来られた、2歳8か月のお子さんのお話です。

産まれてからずーっと機嫌が悪くて夜泣きもひどい、一旦泣き出すと2~3時間夜中に泣き続けていると、お母さんもお父さんも疲れ切っている状態でした。

生後10か月の時に、椅子から落ちて頭蓋骨を骨折したらしいです。
もちろん、骨折は治ってますが、実は頭を打った衝撃のエネルギーは頭の中に残ったままでした。
頭蓋骨の写真の1枚目は、ほとんどの人が思っている衝撃エネルギーは頭蓋骨で止まってます。

でも実際は、写真の2枚目のように衝撃エネルギーは頭蓋骨を突き抜けてます。
また、体内をめぐってあらゆるところに影響を及ぼすこともあります。

このお子さんの場合は、骨折した場所に手当てしてみるとエネルギーの釘が刺さったような状態でした。
本当の釘は刺さってないですが、これは本当にしんどいですよね。
子どもさんの場合は、何がどうしんどいとは言葉に出来ないので、泣くしかないグズグズいうしかないですよね。

実際の施術は、骨折した場所とそのエネルギーが抜けた場所(基本的に対角線上)に手を当てます。両手で頭を挟む感じですね。
そうすると、約10分間でそのエネルギーの釘は抜けました。
顔色も良くなり、顔のむくみも取れました。
1週間後に来てくれた時には、あれから1回だけ夜泣きしましたが、それ以外は夜もよく眠れるようになりました。

思い当たることが、ある人はなるべく早く来てください。

遠くて来れない人は、打った場所と対角線上の場所に5分から10分手を当ててください。
大泣きしてても、泣き止みます。

 

 

 

 

 

 

出産おめでとうございます!東灘区しみず鍼灸整骨院

2021年03月28日

こんにちは。神戸市東灘区 しみず鍼灸整骨院です。

昨日、うれしい報告がありました。
2月の初めから、安産灸で通っていただいてたOさんから、無事に産まれました!と
報告してくれました。

妊娠33週の時に逆子で来られました。

来られるのが、少し遅かったですが逆子のお灸を始めました。
赤ちゃんは、動くのですがひっくり返るにはもう一息でした。

そして、36週の頃、
Oさんから、「外回転術を受けようと思うんです。」と相談を受けました。

*骨盤位外回転術とは、妊娠35-36週の逆子(骨盤位など)の胎児に対して、医師が体外から物理的に胎児を回転させて逆子治療を行う医療行為のことです。*
もう少し具体的に言うと、
病院で張り止めの点滴を打って超音波で赤ちゃんの位置を見ながら、医師が外から頭とお尻をもってエイやと回転させることです。
もちろん、100%成功するわけではないですし、危険を伴うこともあります。
産科の病院もリスクがあるので、あまりホームページには載せてないようです。
直接、病院に電話して問い合わせて相談の上、ご自分でよく考えて決めてください。

Oさんは、看護師さんなので、その辺りの知識も豊富で決断されました。

結果、外転術はうまくいきました。
念のために言うと、逆子のお灸でお腹が柔らかくなって回転しやすくなりました。

生後1か月して外出できるようになったら、新生児の手当てをさせてもらう約束をしております。

新生児の手当ては、そのお子さんにとってとても大切なものとなります。
その辺りも、別の稿で書きます。

 

11周年!

2021年01月7日

皆さま、遅くなりましたが

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

神戸市東灘区のしみず鍼灸整骨院の清水です。

実は、明日1月8日で開院11周年なんです。

毎年、年明けて気が付いたら8日は過ぎてしまっていたということが

多かったのですが、今年はこの寒波で少し振り返る時間が出来ましたので

書いてみたいと思います。

開院日は、2010年1月8日でした。

おかげさまで、前職場で担当させていただいた患者さまが

たくさん来ていただきました。

開院当初は、来院順で保険施術をメインに行ってきましたが、

徐々にお待たせする時間が増えてきたため、

水曜日の午後を予約制にすることを始めまして、

4年目から完全予約制としました。

その頃から、保険施術の範囲(骨折、脱臼、捻挫、挫傷)以外の症状の方が

増えてきたため自費施術に力を入れ始めました。

そして2017年1月より、整骨院の保険制度、今までの経験、技術力の向上も相まって

自費のみの施術に切り替えました。

そうすると、どこにいっても良くならない、今まで諦めてたけど、もし良くなるのだったらと、

神戸市外や県外からも来られる方が増えてきました。

当院の施術は、ご本人の本来持っている自然治癒力、自己治癒力を最大化させます。

今、流行っている感染症の最大の対策は、自分の免疫力を高めることだと信じております。

ご興味のある方は、お問い合わせください。

公式LINEも開設しております。

ID @376pizwv で検索して友達追加してください。

おしっこが出ない!

2020年11月19日

こんにちは。

神戸市東灘区のしみず鍼灸整骨院の清水です。

当院の施術は、自己治癒力を最大限に引き出します。

ですので、いろいろ治療してみても良くならないという方も来られます。

今日は、一つの症例を報告します。

ご紹介で来られた80代 男性 

坐骨神経沿いに出来たヘルペスをお薬で治療後、

尿が自力で出なくなった。

病院の泌尿器科では、カテーテルで導尿をすれば出るので

それで頑張ってくださいとのこと。

男性ならよくわかると思いますが、とても辛いです。

夜中にトイレに起きたときも、毎回毎回、、、辛い。

正直に言うと、こういう方を施術したことはなかったです。

それでも、ここに来れば何とかなるんではないかと頼ってこられました。

よくお話を伺うと、膀胱までカテーテルを突っ込まないと

出ないそうです。

そこから解剖学的にいうと内尿道括約筋が緊張していて

尿が溜まって排尿したいというときに、

通常であればそこで自然に緊張が緩んで排尿するんですが、

ヘルペスの影響で緊張しっぱなしで緩まない状態だと推測しました。

内尿道括約筋を直接緩めるわけにはいきませんので、

身体の連動性を利用してひも解いていきました。

1週間後に2回目に来られた時にお伺いすると、

「ちょろっと出ました。」と言われましたので、

この方向性で大丈夫と確信しました。

そうすると、3回目くらいから徐々に出始めて

3か月くらいすると、ほとんどカテーテルを使わなくても

1日が過ごせるようになりました。

 

以上のことから、病院で言われたからとかで

諦めてしまったような症状でも

何とかなることもあります。

それだけ、自己治癒力は素晴らしいです。

何より、諦めずに当院に来られたこの男性が素晴らしいです。

 

こんなことで困っているんだけど、などなど

ご相談ください。

メールアドレス contact@kobe-shimizuseikotsuin.com

LINE     ID     @376pizwv 

耳鳴りについて・・・自己治癒力

2020年11月13日

こんにちは!

神戸市東灘区のしみず鍼灸整骨院の清水です。

前回のブログでは、耳鳴りを改善するためには3か月、6回以上の施術を

お勧めします。と書きました。

じゃあ、1回では効果がないのかと申しますと、

そうではないんです。

約3年前に広島から車で6時間かけて来られた方がいました。

60代の男性で奥様と共に来られました。

10年来の耳鳴りで夜も眠れない日々が続いてました。

お話を伺い、耳鳴りに対する考え方、身体に対する向き合い方を伝えさせていただきました。

そして実際に施術を受けていただき、奥さんにも出来るように伝えさせていただきました。

「来てよかった!」と言っていただきました。

当院の施術は、自己治癒力を全身に巡らせるように行います。

だから、1回受けていただき、その後セルフケアを継続すれば必ず良くなっていきます。

理想は、回数を重ねて全身のすみずみまでいきわたらせることですが。

「自己治癒力」という言葉は、聞いたことがある人もない人もいると思います。

次回は、当院における自己治癒力をお話したいと思います。

 

 

1 2 3 4 5 10