肘内障(肘の脱臼)

2016年05月18日

1463557238815お久しぶりです。東灘区しみず鍼灸整骨院です。

4月から新年度、新学期が始まり緊張と疲れが溜まってきて、体調を崩す子どもさん、

お母さんが多くなってきてます。

あなたは、大丈夫ですか?

肘内障(ちゅうないしょう)ってご存知ですか?

簡単に言うと、子ども2~5才くらいの肘関節の脱臼です。

図に載せたのですが、骨の頭がしっかり発達する前に靭帯が外れてしまって起きます。

よくあるパターンが、ぐずってる子どもの手をお母さんが「行くよ」って引っ張って

抜けます。

完全に抜けると、痛いです。めちゃくちゃ痛いです。大泣きします。手をだらんとして

触らせません。

連休前に来たNちゃんは、完全に抜けてない、中途半端に抜けて止まってるパターンでした。

Nちゃん4才は、水曜日の夕方、保育園帰りに定期的に小児はりを受けにきました。

そこでお母さんから「月曜日に自転車にNを乗せたところ、自転車ごと倒れてしまって

Nも腕を打ったみたいで、一応整形外科でレントゲン撮ってもらったんですけど打撲ですって

言われました。」とシップを貼った腕を見せてくれました。

私は、見ただけでピンときました。

「お母さん、肘内障といって肘の脱臼です。」と上の図を見せて説明しました。

クリクリっと整復しました。

整復自体は難しくはありませんが、何せ小さいし痛いので嫌がります。

念のため、翌日も来てもらうことにしました。

帰る頃には、痛かった右手を使って荷物も持っていたし大丈夫かなと。

そして、翌日満面の笑みで来てくれました。「もう痛くない!」

痛い時は、保育園でも箸やスプーンを使うのも嫌がってたみたいです。

めでたし、めでたし!!

ここで、ポイント!

①靭帯は、レントゲンには映らない。

②お医者さんも万能ではない。

③完全に脱臼した場合は、分かりやすいし、子どももおお泣きしますが、

今回のように、半分抜けかけの亜脱臼状態が一番難しい。

解決策としては、子どもが怪我したときは、第一選択肢として整形に行く。

それでも、痛がる場合、(今回の場合は打撲であったならば、2日経ってたら

ちょっとは痛みが引いてるはずが全然引いてない)は、信頼のできる整骨院(しみず鍼灸整骨院)に診てもらう。

今回も、たまたま当院に来る予定だったから2日でよくなったけど、Nちゃんは我慢強いから

そのまま1週間くらいは放ったらかしになっていた可能性もありましたね。

やはり、子どもを守るのは親御さんです。

何か起きる前に、普段から信頼のできるお医者さん、治療院を見つけておくことは大事です。

ビクビクする必要はありませんが、お子さんをよく観察し普段と違う何か違うと感じるときは

しかるべき医療機関にかかるべきですね。

当院は、そん親御さんの味方です。いつでも相談に乗ります。

もちろん、当院も万能ではございませんので、出来ることと出来ないことをお伝えし病院に行った方がいいときは、その旨をお伝えします。」」」

 

刺さない鍼とは?

2016年03月18日

神戸市東灘区 しみず鍼灸整骨院です。

毎月第2日曜日は、鍼の勉強会の日です。

先日3/13も、年度を締めくくる会がありました。

そこで、来年度4月から会の名称を改め

経絡治療 脈診流 「氣鍼医術」 臨床講座(以下氣鍼医術) となります。

その中で、葛野玄庵代表から

「患者さまにとっては病苦を取り除く有効な手段、施術者にとっては

優れたツール、この二つを兼ね備える唯一無二の氣鍼医術をより多くの方に周知していいただく

ように」とお話がありました。

実は・・・、当院のホームページには、刺さない鍼とは書いていますが

「氣鍼医術」とは一切書いておりません。

代表、すみません<m(__)m>

言い訳として、当院のホームページを見に来てくれる方は一般の方が多いわけであって

別に、○○流だろうと○○派だろうと関係ないのです。

痛くないか、怖くないか、良くなるかに興味があるのです。

ただ、葛野代表をはじめ会員の先生方は、結果を出しておられます。

もちろん当院においても結果が出ています。たくさんのクライアントに喜ばれております。

なので、今後「氣鍼医術」というキーワードで治療院を探される方も増えてくると

思います。

当院は、現在 優しい整体と刺さない鍼を組み合わせて施術させて頂いています。

当院の鍼施術において、脈診流氣鍼医術 に則って行っておりますので

氣鍼医術を受けてみたい方、葛野代表のところまで通うのが大変な方は

当院にお問い合わせいただければ幸いです。

「経絡治療 脈診流 氣鍼医術」の詳しいサイトはこちら

→http://www.kishin-ijutsu.com/

 

 

三十年ぶりの再会!

2016年03月11日

お久しぶりです。東灘区のしみず鍼灸整骨院です。

たまには、プライベートな話を。

先月2月20日に、私が卒業した明石市立大蔵中学校の同窓会に出席してきました。

卒業後30周年という節目の記念同窓会でした。

当時、40人以上のクラスで8クラスありましたから総勢320人以上はいたでしょう。

今回は、生徒が65人くらいと先生が5人出席してました。

私自身、中一の二学期に転校してきたので3年間に同じクラスになったメンバーと

バレーボール部のメンバーくらいしか覚えてないけど、

1年・3年と担任を持ってもらったN先生、今となっては熱血指導を 仰いだバレー部の

I先生が出席されるということなんで行ってきました。

出席してみて、まー何と変わったことか!もちろん顔と名前がすぐ一致するものもいれば

最初から最後まで、誰かわからず、でもなぜか話が盛り上がったり。

特に女子、ほとんどがわかりませんでした<m(__)m>

当時の記憶として、とても元気な世代、平気で先生に喰ってかかってたし

授業中は、走り回ってたし(私はおとなしく座ってましたが)

何かとパワーのある世代でした。

そして、今回も午後6時から9時の一次会、9時から11時の二次会。

喋る!飲む!食べる!いささかもテンションの下がることなく進んでいきました。

二次会途中、隣に座ったY、体ボロボロ、ストレス半端ない!ということで

後日個別指導となりました。(^O^)

でも、ルーツが一緒という何とも言えない安心感て、いいですね。

今の立場に関係なく、心おきなく物が言える関係っていいですね。

とても楽しい時間を過ごせました。

大蔵パワー恐るべし!

同窓生のみなさん、ありがとう!

また、?年後会いましょう!

 

 

あけましておめでとうございます!

2016年01月5日

1451981043591 (1)あけましておめでとうございます。しみず鍼灸整骨院の清水です。

長らくブログ更新を怠っておりました。

年末年始のお休みも、お知らせしておりませんでした。

申し訳ございません<m(__)m>

当院は、昨日4日より通常通り診療を開始しております。

年末は、帰省の方もあり、年末駆け込みもありで予約が取りにくい状態でしたが

今日からは、比較的取りやすい状態です。

2016年、おかげさまで当院も開院して7年目を迎えます。

今年のテーマは「ユルユルと丁寧に」でいきます。

皆さんの症状は、いろいろですが基本的にはゆるんでいただくんです。

そうするには、施術者である私自身が一番ユルンダ状態でいなければ

ならないんです。

ユルンダ状態でなおかつ皆さまの心と体の細かいところまで

気を配っていきます。

 

 

 

 

 

 

「触られてるかどうかわからないくらい・・・」

2015年10月15日

やさしい整体・刺さない鍼 神戸市東灘区 しみず鍼灸整骨院です。

「触られてるかどうかわからないくらい、

鍼もされてることがわからないくらい」

「でも、どんどん体が楽になっていくんですよね」

これは、先日来院された60代女性の方にいただいた

とってもうれしい感想です。

「急に首肩が締め付けられるようになって、右腕全体に痛みが出た」

と言って来院されました。

わずかに手をのせるような感じで体の歪みをととのえ、

ツボに鍼を当てるだけで体の働きを促します。

そうすると、体は驚くほど改善していきます。

決してグイグイ揉んだり・ボキボキ矯正したらいいわけじゃないんですね。

人間の体は、刺激に対して無意識に体を緊張させて、自分自身の体を

守ろうとしています。

なので、出来るだけ弱く軽く、体に手を添えるような感じで

体に受け入れてもらえる刺激を心がけています。

それが、一番体の中を変化させます。

「あなたの体の自然治癒力に寄り添うような施術」です。

最近、特にそうなっています。

なので、初診のクライアントは、 説明されなかったら

頭の中は、???でしょうね。

私は、毎週のように研修・セミナーなどで学んでいます。

(プロとしてあなたの大切な体を施術させていただいているのですから)

学べば学ぶほど、「何してるかわからない」状態に

なっていくでしょう。

でも、安心してください。

あなたの体は、どんどん健康になっていきますから。

 

 

 

1 6 7 8 9 10 11 12 13